ベビー用品はいつから準備するのか

赤ちゃんができたのがわかるとすぐにでも準備したくなるベビー用品ですが、安定期に入ったら少しづつ買い揃えていきましょう。性別が分かってからにすると選びやすくなります。8ヶ月頃に入ると動くのが大変になってくるので、それまでにあらかた準備をしておけば、のんびりした気持ちで出産を迎えることができます。

便利グッズを活用して子育てを乗り切る~おすすめのベビー用品~

乳児

ベビー用品を購入する方法

ベビー用品を買おうと思ったら意外とお金がかかってしまうもの。それぞれの物に合わせて賢い買い方をしたいものです。まずは実際のお店に足を運ぶことから始めましょう。中には初めて見るベビー用品もあると思うので、商品の特徴や使い方などを店員さんに聞いてみてください。どれを買うのかしっかりと決めたなら、同じ商品でもお得な購入方法を選ぶことが大切です。チャイルドシートやベビーカーなど、ベビー用品には高額なものがたくさんありますので、お店によっては一度にたくさんのポイントをゲットするチャンスです。ネットではポイントは付かないけれど、店舗より安く売っている場合もあります。出産までの時間を有効活用して、ぜひ最もお得に購入できる方法を探してみてください。

サイズの選び方

初めての出産なら、赤ちゃんのサイズは検討がつかないのではないでしょうか。ベビー用品の中でも洋服を買うのが一番の楽しみだという人も多いと思いますが、赤ちゃんの成長は思っているよりとても早いものです。新生児のサイズは50〜60が標準ですが、生後3ヶ月ほどで70にサイズアップしてしまいます。個人差はありますが、たった3ヶ月でせっかく買った洋服が着られなくなるのはもったいない!新生児用の服は最低限にして、様子を見て買い足していくほうが無駄がないかもしれません。また、大は小を兼ねると言いますが、初めから少し大きめのサイズを買っておいてもいいでしょう。ベビー服のサイズ表はあくまで目安なので、自分の赤ちゃんに合わせたサイズを見極めてください。

読めば得するおすすめ記事

赤ちゃん用品

消耗品は大量購入がお得!ベビー用品は切れる前にストック

ベビー用品とは赤ちゃんが心地よく過ごすために必要な赤ちゃん用の様々なものを指します。赤ちゃんが生まれてくる前にベビー用品を揃えておくことは大切です。

READ MORE

あると便利なベビー用品TOP3

no.1

腕の救世主、授乳クッション

赤ちゃんができると毎日何回も授乳をしなければなりません。そうなるとママの腕にどんどん負担がかかってしまいます。大変な授乳の時間を少しでもラクにしてくれるベビー用品が、授乳クッションなのです。赤ちゃんをクッションが支えてくれるので、腕にかかる負担が激減します。授乳に使わなくなってもお座りの補助などに使うことができるので、ひとつ買ってみてもいいのではないでしょうか。

no.2

スリーパーで赤ちゃんもぐっすり

赤ちゃんはじっとしていてくれない生き物です。寒い日でもお構いなしに転がって、お布団を蹴飛ばすことは日常茶飯事。スリーパーはガーゼなどの生地でできており、スナップボタンで留めることができるので、赤ちゃんの動きを妨げることなく体を冷えから守ってくれます。大きくなっても使うことができるので、比較的長い間使用できるベビー用品です。

no.3

ママがお風呂に入れるなら、バスチェアは必需品

パパの帰りが遅く、ママがお風呂にひとりで入れるご家庭もあると思いますが、これって結構大変な作業です。そんなママにぜひ用意してほしいベビー用品、バスチェア。使い方は様々で、ママが体を洗う間バスチェアで待たせたり、座らせたまま体を洗ったり。動き回って危なくなる時期も、座らせておけると安心です。

季節と月齢に合わせて最適なものを選ぶ

赤ちゃんの洋服に季節感はとても重要です。生まれたばかりの赤ちゃんは、体温調節がしっかりとできないので、気温に合ったものをきちんと選んであげましょう。また、ぶかぶかすぎては赤ちゃんの活発な動きを妨げてしまうことがあります。ベビー用品の中でも洋服は特に悩むものですが、必要な時期に必要な枚数だけを揃えるなど工夫して、赤ちゃんに最適なものを選んであげてください。

[PR]ベビー用品なら専門店で買うべし!
安全性の高い製品を多数販売中♪