消耗品は大量購入がお得!ベビー用品は切れる前にストック

消耗品は大量購入がお得!ベビー用品は切れる前にストック

赤ちゃん用品

ベビー用シューズの必要性

赤ちゃんがつかまり立ちを覚えたら、いよいよ歩く時がやってきます。その時に必要になるのがベビー用品の一つであるベビー用シューズです。つかまり立ちの段階でまだ歩いていないので、靴はもう少ししてから買えば良いと思うかもしれません。しかし、実際に外に出る前に靴に慣れてもらうことが必要です。まずは靴を履く練習をするようにしましょう。では、どんな靴を選べば良いでしょうか。お店でサイズを測ってもらって、赤ちゃんの足のサイズに合うものを選びましょう。またためし履きをして、実際に赤ちゃんに歩いてもらうことでも観察できます。成長とともにその都度、足に靴があっているか確認し、必要に応じて新しく買い替えるようにしましょう。

たくさん用意しておきたいアイテム

どんなベビー用品をたくさん用意しておくと良いでしょうか。まず思い付くのはおむつかもしれません。毎日必ず必要になるものですし、赤ちゃんの頃は一日に取り換える数も多いので、一定量ストックしておく必要があるでしょう。また、おむつ替えの際によく使うのが、赤ちゃん用のおしりふきです。赤ちゃんのお尻を清潔に保ってあげるためにも、おしりふきの用意は欠かせません。詰め替え用を購入しておくことができます。
また母乳が出にくいお母さんもおられることでしょう。そんな時は粉ミルクが強い味方となります。赤ちゃんの成長のため、赤ちゃんの好む味の飲みやすいものを選んで買っておくと良いでしょう。
このように消耗する頻度の高いものはたくさん用意しておくと、いざという時に焦らずにすみます。

オムツの選び方

では、おむつはどうやって選べばよいでしょうか。おむつにも布おむつや紙おむつといった種類があるので、どちらを使うか決める必要があります。布おむつは繰り返し洗って使えるので経済的です。その反面、こまめに替えないとおしりがかぶれてしまうことがあります。紙おむつは吸収性が高く漏れにくいです。また外出時にも携帯が便利ですぐに替えられるという利点があります。その反面、使い済みのおむつのごみが増え、経済的にも費用がかかります。
それぞれのメリットやデメリットを比較して考えたうえで決めることができるでしょう。また、赤ちゃんの成長や便の状態に合わせて、使用するものを変えるのも良いかもしれません。

出産前に揃えておきたいベビー用品

赤ちゃんの着るもの

生まれたばかりの赤ちゃんはしっかりくるんであげると安心するようです。ですから、おくるみを用意しておくと良いでしょう。あらかじめ用意しておくなら退院時にも使えます。またおくるみでくるんであげるなら、赤ちゃんの体温調節にもなり保温する役割も果たします。

赤ちゃんの寝るところ

家に赤ちゃんがやってくる時、赤ちゃんが寝るところが必要になります。あらかじめ準備しておきましょう。
生まれたばかりの赤ちゃんは一日に20時間以上睡眠をとります。また質の良い睡眠は、赤ちゃんの成長や発達にも良い影響があります。しっかり赤ちゃんを保温してくれる寝具を選びましょう。

赤ちゃんのお風呂

生まれたばかりの赤ちゃんはたくさん汗をかくので、あせもなどができないようにお風呂で身体を洗って清潔にしてあげる必要があります。また新生児の間は抵抗力がないため、感染などを予防するために大人と一緒のお風呂ではなく、ベビーバスなど赤ちゃん専用のお風呂を準備しましょう。

赤ちゃんのお出かけ用品

赤ちゃんを抱っこして出かけるのは大変です。ベビーキャリーはお母さんが赤ちゃんをだっこしたりおんぶしたりする時に役に立ちます。赤ちゃんの検診に行くときなどにも使えるでしょう。まだ首が座っていない赤ちゃんをしっかりホールドしてくれるので安心です。

赤ちゃんのおもちゃ

赤ちゃんはおなかの中にいる時から、外の音を聞いています。ですから、生まれてくる前からやさしい音の鳴るおもちゃをお腹に向けて鳴らしてみるのも良いかもしれません。また生まれてきた後も、成長に応じて適切なおもちゃを選んであげましょう。

ベビー用品はレンタルすることもできる

赤ちゃんが大きくなってくると使わなくなってしまうベビー用品もたくさんあります。例えばベビーカーなどは赤ちゃんの成長に伴って求める機能も変わってきますので、レンタルサービスを利用してみるのも一つの方法かもしれません。